俺の

アクセスカウンタ

zoom RSS  ダイワ LABRAX98ML-PE  【ラブラックス】 インプレ

<<   作成日時 : 2009/07/26 22:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

このブログへのアクセス履歴を見ると、「シーバスロッド ラブラックス」で検索して訪れてくれている方が多いようですので、

ちゃんとしたインプレ書こうと思います。

あまり道具にこだわる方じゃ無いんで細かいことは分かりませんが、逆に専門知識が乏しい分ダイレクトな使用感をお伝えできるのではないかと思います。

あくまで僕が感じた事で、使用する人や使用する状況が変われば感じ方も変わってくると思いますので、参考までに・・^^
画像


LABRAX98ML-PE  
まず、このロッドを使用したシュチュエーションは 東京湾内護岸(シーバス)、外洋サーフ(シーバス、ヒラメ)、港湾(ワームでヒラメ)です。

リールはカルディアKIX3000、ラインはファイヤーラインEXT16lb、リーダーフロロ20lb。(ワームはフロロ10lb直結。)

ルアーは9〜12cmのフローティング、シンキングミノー、15〜26gバイブレーション、11gジグヘッド+4インチワーム。



東京湾内護岸では・・

遠浅砂泥底の海岸からの遠投には9.8ftの長さは都合が良い。
足元に低く積まれた捨石をかわしてランディングするにも9.8ftあれば余裕あり。
ワインドやジャークを入れるような使い方ではしなやか過ぎる。
最も使いやすいのは15gのバイブレーションただ巻き。
魚を掛けてからは、適度な曲がりとバッドパワーで急な突込みにも安心して対処できた。
それなりのドラグ性能のリールで、それなりのドラグ調整が出来ていれば70cmクラスも普通に獲れると思う。


外洋サーフでは・・・

もう少し長さが欲しいところだが、疲労を考えると妥当といえば妥当。
ルアーウェイト35gまでになっているが、引き抵抗の強いバイブレーションやテールスピンは20gまでか。
潜行レンジ1.5m位のミノーただ巻きには非常に使い易い。
遠くで掛けたときは追い合わせが必要かも。
ハイギアタイプのリールじゃないと波打ち際でバレやすいかな。


港湾では・・・

テトラ際やストラクチャーを攻めるには長すぎる。
船道やかくれ根を狙うにはこの長さはあって良いかも。
PE専用モデルだが、フロロ10lb直結でも特に問題なかった。



僕の感想としては、干潟でのウェーディングに向いてるロッドなんじゃないかなと思います。

サーフに関しては、ハイギアのリールを合わせてミノーで使用するなら良いと思う。

港湾は、場所によるけど長さが邪魔じゃなければ良いかも。


PE専用のガイドセッティングになってますが、絡むときは絡みますし、逆にPE専用じゃなくても絡まないときは絡まないわけです。

PE専用か否かで悩む必要は無いように感じます。

リールはハイギアタイプにしとけばよかった^^;

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
 ダイワ LABRAX98ML-PE  【ラブラックス】 インプレ 俺の/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる